ズッコピーとゴマチン

zukkorin.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:BARFダイエット( 4 )


2009年 03月 15日

うちのレシピ

2009年4月18日に追記しました。
2009年11月30日に追記しました。

今日は、猫ごはんを作る日。
うちのレシピをご紹介します(生肉の画像がエグすぎたらゴメンナサイ)。
使用する肉はオーガニックのウサギ、鶏の太もも、七面鳥の腿など。
c0195250_0425913.jpg
c0195250_0434780.jpg
c0195250_0441252.jpg

栄養学上、肉は1種のみを使用したほうが良いので、種類の違う肉は混ぜず
3種類のメニューに分けます。
赤身の肉の方が栄養価が高いので(タウリンも多い)鶏肉の場合ささみより腿肉のほうがベターです。
太腿肉は、骨と肉の割合もちょうど良いのでリンとカルシウムのバランスも取れています。
ウサギと鶏の太腿は骨もグラインダーでミンチして混ぜますが、
七面鳥は骨がでっかくてグラインダーに入らないので(金づちで割ってから
グラインドする人もいるようですが面倒なので)、うちでは七面鳥は
骨なしで作れるFELINE FUTUREのINSTINCT TCというフリーズドライされた材料を
水に溶かして肉とレバーに混ぜています(手抜きです)。

肉を半冷凍すると切りやすくなるとの情報を得たので、早速サル真似してみました。
2時間くらい冷凍庫に入れたら、確かに肉が少し固くなって皮がはぎやすく、
骨から取れやすく、肉が切りやすくなったけど手が凍傷になりそうでした~~~。
以前はゴム手袋を使っていたけど、毎回鶏肉用のはさみで指先をチョッキンしてしまい、
すぐにゴミ箱行となるので今はもっぱら素手です・・・結局半冷凍はせずに生のまま作っています。

でもTASINグラインダーをゲットしてからは、かなり手際がよくなりました。
これ、ものすごく良い仕事してくれます。
鶏の腿の骨もブイ~ンとあっという間に、1mmくらいにミンチしてくます。

このレシピは、シンプルさ、栄養の点、作りやすさの点から見て、
色々な情報の中のから自分で納得して落ち着いたものです。
でも、これからも更に改良されるかも・・・
c0195250_1155030.jpg

材料:

●骨付き肉:約900g
タウリンの豊富な同種の動物の心臓が手に入れば10%くらい加えます。

●レバー:約100g
鶏肉を使う場合は鶏レバー、ウサギ肉の場合はウサギのレバーを使用

肉以外の材料:
●卵黄2個
●タウリン 2000mg (パウダー、小さじ1/2)
●ビタミンB コンプレックス 100mg (液体小さじ2)
現在使用しているのは錠剤で、これをすり鉢で粉にして混ぜてます
●サーモンオイル 200mg(100mgカプセル2個)
●ビタミンE 400IU (カプセル入りパウダー1個)
●水1カップ(BRITAのフィルターを通したものかスプリングウォーター:
イタリアは超硬水なので・・・)

●サイリウム(必要に応じて)小さじ2 - もともと快腸なので現在は使用していません
●ヨード入り減塩ソルト 小さじ3/4
c0195250_349285.jpg

上記を全て混ぜ合わせる。
c0195250_0464049.jpg

作り方:
お肉は水で洗ってから、皮を取ります(高カロリーにしたい場合は、半分くらい皮も入れます)。
オーガニックの肉でない場合、脂身や皮には有害物質がたまりやすいので、
できるだけ取り除きます。

肉を骨から切り取って猫が噛んで食べられるくらいの大きさ(1-2cm角)に切ります。
肉ごと全部ミンチにしてしまってもいいのだけど、歯の健康のためには噛むことのできる
大きさの肉を入れるほうが良いので、面倒でも良く切れる包丁でカットします。
c0195250_0535574.jpg

c0195250_155749.jpg
c0195250_162179.jpg
c0195250_16548.jpg

骨付き肉をミンチします。
c0195250_0534429.jpg

c0195250_0561556.jpg

機械につまった肉を搾り出すには、最後に氷かトーストを1枚ミンチすると最後まで搾り出せます。

肉とミンチをハンバーグを作るときの要領で良く混ぜます。
別に卵黄、水、サプリ、ミキサーにかけたレバーと心臓をミックスしたものを用意し、
肉に混ぜたら出来上がり。
c0195250_18959.jpg
c0195250_183665.jpg

c0195250_111412.jpg

ひき肉の量(骨付きミンチ肉)の量が多いとねっとりめに、一口大に切った肉の量が多いと
汁っぽい出来上がりになりますが、うちは何でも食べるので特に調節しません。
それぞれの猫ちゃんの好みに応じて、お湯を加えたり、作るときの水の量を
減らしたりすると良いかもしれません。
c0195250_1122131.jpg
c0195250_112444.jpg
c0195250_113969.jpg

肉などの材料を衛生面、鮮度などが信頼できるところで購入できない場合は、
できるだけミンチされていない肉を使用するのが良いです。
ミンチされた肉はブロック肉に比べて、空気に接触する面積が広くなるため、
細菌が繁殖しやすくなるからです。

与え方は1日3回(ズッコが1歳になる頃には2回にするつもり)一定の時間に与えます。
一日中フードを出しっぱなしにするのは、食べ物の酸化、腐敗の問題以外に、
だらだらと1日中食べるため胃や腸、消化酵素を作る脾臓などが
休みなく働かなくてはならず負担がかかるので良くないようです。

冷凍したフードは冷蔵庫の中で解凍して、食べる前に湯煎しネズミの体温(!!)程度に
温めてからプロバイオティックスを加えます。
まずありえないけど、もし食べ残した場合は30分たったら没収です(生なので衛生面も考えて・・・)。
こうしていると、食べた量と排泄量をモニタリングできるので便利です。
c0195250_1135450.jpg

カリカリを食べていた頃は大量の水を飲んでいたので、ドリンクウェルという
フィルターファウンテンを使っていましたが、生食は水分が多いので
ほとんど水には手をつけません。しかしおPっこは沢山します。

生肉の中の消化酵素は冷凍すると死んでしまう可能性が高いということを読んだので、
1週間以上冷凍したものは与えるときに消化酵素を混ぜることもあります
(殆ど1週間以上保存することはありませんが・・・)
炭水化物、穀物、野菜類は一切なしです。
猫科の動物は自然の状態では、獲物の消化器官内で半分消化された炭水化物や
繊維を摂取しているとも言われていますが、実際のところ消化器官や腸は
食べない場合が多いそうなのです。
また、炭水化物は口内のPHをアルカリ寄りにしてしまいます。

ズッコピーもゴマチンも何でも良く食べてくれるけれど、好物は鶏とウサギで、
その次が七面鳥、ウズラかな・・・
牛肉、子羊などはあまり好みません。
猫によっては牛肉にアレルギーを起こすことがあるそうです。
確かに自然の状態では、猫は牛を獲物にしないですもんね。

よく生肉を与えると野生帰りする?なんていうことも耳にしますが、
確かに生食を食べると行動が活発になるかも・・・。
生肉は消化時間が市販のフードに比べて半分くらいなので、
食べ物がお腹にもたれたりすることがなく行動的になるのかもしれません。
肥満気味だったゴマチンですら、生肉になってから、子猫のときのように
マトリックス式壁キックでズッコピーと一緒に爆走してますから・・・
これが野生帰りかどうかはわかりませんが、私は、一日中眠りっぱなしの猫ちゃんより
こういうワイルドなやつらのほうが好きです。

準備中は、足元でおしりユラユラ、食事中はウガウガ・・・
あっという間にお皿が空になって、作り甲斐あります。

にほんブログ村 猫ブログへランキング参加中!
人気ブログランキングへランキング参加中!
[PR]

by zukko-no-zu | 2009-03-15 06:56 | BARFダイエット
2009年 03月 14日

BARFダイエットにした理由

私がBARFダイエットへの切り替えの決意をしたのは、うちの猫たちには、
素材が何かわかっている物を与えたい、人工的な加工の施されていない出来る限り
自然に近い状態のもの、自分自身が納得で切るものを食べさせたい、
という思いがベースになっています。

c0195250_6561029.jpg


昨年19歳でお星様になったヴァン猫2匹にも、プレミアムフードや療養食が存在しなかった頃は、
人間の生食用の肉、ささみ、魚などを与え、その後も常にオーガニックのペットフードを与えることに
こだわっていました。
軽度の腎不全が発覚したのは15歳を過ぎた頃(ボンボは17歳)でしたので、
比較的発病は遅い方だったと思います。
これといった病気にもかからず、これだけ長生きできたのはやっぱり
食によるところが大きいのではないかと考えています。

c0195250_651911.jpg
c0195250_6513292.jpg


手作りを始めたばかりの頃は、一体どこから手をつければ良いのかわからず、
既に手作り食をされている方の猿まねから始めました。
栄養が偏らないようにカロリー計算表をダウンロードして、かなり神経質に計算したり、
手当たり次第サプリメントを注文したり(かなり無駄になりましたが・・・)
当初は文字通り試行錯誤の連続でした。
しかし、獣医師や動物栄養学者、経験のあるブリーダーの書いた本を山ほど読んで、
必要とする知識を得るうちにだんだん自分の目指しているものが見えてくるようになったのです。

考えが偏るのは良くないので(中には手作り食を信仰のよう考えている人もいるので・・・)、
手作り食賛成派の意見だけではなく反対意見も先入観を持たずに読みました。
そして最終的に自分でリスクとメリットを天秤にかけて、
行き着いたのが生肉と骨を与えるBARFダイエットだったのです。

反対意見には主に下記のような理由が挙げられています。
●長期にわたる科学的な研究に基づいたデータベースがなく、
生肉を与えることに対しての利点、欠点がわかっていない。
●独特で複雑な猫の消化形態に合ったバランス食を手作りするのは困難なことなので、
市販の栄養バランスが計算されたものを与える方が良い。
●生肉を与えることにより菌に感染するリスクがある。

しかし、猫の消化器系、栄養学、生肉の衛生的な取り扱い方などの知識を得れば
上記の問題は解決することができます。

●科学的なベースがなくても、20年以上実際にBARFダイエットを取り入れている、
獣医師、栄養学者、ブリーダーの体験談を読むことで、いかに猫にとって食が
重要なものであるかが納得できます。
そして「ポッテンジャーの猫」として知られる研究結果も無視できないものだと思います。
●バランス食をうたうペットフード業界では、犬やネズミなどを用いてテストが行われるため、
その結果が完全肉食である猫にはあてはまらないことを知りました
(猫にとっては過剰な炭水化物、植物由来の材料の多用という形で現れています)。
  たとえ数字上でバランスが取れたフードであっても、そこから猫がどれだけ栄養を得ることが
できるのかという点が一番重要な事だと思うのです。
また使用されている添加物や防腐剤なども気になるし、材料の表示の仕方も納得できません。
●勿論、生肉を与えることに対してのリスクがまったく無いとはいえませんが、
新鮮な素材を選び(できればオーガニックのもの)肉の扱い方をきちんとすれば、
(調理器具、まな板などを清潔に保つ)リスクは殆ど無いと思います。
もし菌のついたものを食べたとしても、猫は腸が短いので消化した食物を腸内にとどめる時間が
人間に比べ圧倒的に短く、感染した食物から菌を吸収する前に排泄してしまうので、
人間が中毒を起こすレベルの状況でも猫にはそれが起こりにくいそうです。
生肉に抵抗のある場合は加熱しても良いと思います。
過熱したことによって失われる成分をサプリで追加したりするのも手段です。
ただし個人的には、過熱するとせっかくの肉食の意味が半減してしまうような気がするので
 私は生で与えることにしました。

とりあえず手作り食を始めるには、猫の栄養学、消化器系の知識を得ることは必須です。
出来る限りの本を手に入れ、ネット検索をして手作り食のブログやサイトなどを読みまくりました。

c0195250_6203767.jpg


賛成派の中にも、野菜や穀物を混ぜるレシピを推奨するものから、
炭水化物は不必要というものまで色々な場で討論が行われていますが、
最終的に私自身が納得して取り入れたのは、長期で続けることのできるシンプルで
エッセンシャルなものとなりました。

猫は犬に比べて家畜化されてから日が浅く、消化機能は野生であったときから全く変化していないそうです。
猫はサメや鷹やライオンと同様、完全肉食動物なのです。
人間の観点でおいしい(または必要)と思えるものも、猫には当てはまりません。
まさか、サメやライオンに野菜や穀物は食べさせないですもんね・・・
便秘気味の猫には、腸の働きを活発化させるために繊維の入った野菜を
良く煮て与えている人もいますが、私は必要に応じて粉末サイリウム/食物繊維を利用しています。
ただうちでは、プロバイオティクスを一緒に与えているので猫の腸の調子はいたって良く、
食後トイレに直行なので、現在は使用していません。
がん細胞は糖分を栄養にして成長することは知れていますが、炭水化物は体内で糖に
変わるので与えすぎには問題があると思います。
また猫にとっては消化が困難なので、脾臓、腎臓や肝臓にも負担がかかると思うのです。

今はカロリー計算もしていませんし、食べる量もほしいだけ与えるといった状態です。
ナチュラルフードは、既成のペットフードのように食欲をそそるための人工的な
味付け香り付けがされていないので過食はおこらないそうです。

ゴマチンは去勢後どんどん太ってしまったので食べる量をコントロールしていますが、
育ち盛りのズッコには少し多めに食べさせようとしたら、いつもの量だけきっちり食べて
過剰分を残していました(ためしにスケールで測ったら残した分と過剰に与えた分が一致してびっくり)。
とにかく、今はお気楽に手作りフードを作って与えることが、猫にとっても私にとっても一番と考えています。

うちの猫は健康優良児なうえ、ペットフードから生肉ダイエットへの転換もまったく問題ありませんでした
(頑固な猫ちゃんは、切り替えがとても大変なようです)。
先日とうちゃんが、ごはんを解凍するのを忘れたため、缶入りの完全ナチュラルな
オーガニックフードを与えたら、なんと完全無視されました。
生食以前は大好物だったのに、何が本当に必要なのかわかるようになるんですね。

c0195250_6545453.jpg
c0195250_6552033.jpg


先日のゴマチン(5歳)の血液検査もばっちりでしたよ!
うんPの量も減って(ちゃん定期的にします)
食べているものが体内に吸収され無駄がないことが良くわかります。
ペットフード時代はもりもりうんPでしたが、今考えてみると
それだけ排泄する無駄が多かったということです。



数多く読んだ本やネットのなかで、参考になったのは下記のものです。
色々な情報がびっしり詰まっています。
FEEDING YOUR CAT
CAT NUTRITION
YOUR CAT
RAISING CATS NATURALLY
RAW MEATY BONES

にほんブログ村 猫ブログへランキング参加中!
人気ブログランキングへランキング参加中!
[PR]

by zukko-no-zu | 2009-03-14 10:57 | BARFダイエット
2009年 02月 06日

グラインダー到着

わ~い、USAに注文したTASIN TS108が到着しました。
BARFのベテランが愛用している、骨ごと肉をミンチで切るというグラインダーです。
コンパクトでありながら、七面鳥の腿の骨までミンチしてくれるとか・・・

c0195250_19441960.jpg


ズッコピーも一緒に喜んでおります。

c0195250_19473464.jpg


早速、ウサギの丸ごとを買ってグランドしてみました。
かなりパワーのあるグラインダーなので、220Vから110Vへの変圧器から煙がモクモク・・・
1個目の変圧器はショートしてしまいました。
そして・・・ウサギのミンチは・・・かなり厳しかったです。
グラインダーは、期待通りの素晴らしいお仕事をしてくれるのですが、ウサギの解体はすごく怖い・・・
大雑把にチョップはしてあるものの、包みから半分に割った頭が出てきたときには
”わ~っ”と叫んでキッチンから一目散に逃げました。
鶏どころじゃなくて本当に気絶しそうでしたわ。

猫に不可欠なタウリンと言うアミノ酸が豊富なので、本当は頭もグラインドするように、BARFベテランの本に
書かれていたけど、ダメでした・・・
ゴム手袋しても触れなかった~~~
このBARF本の筆者は、一時はネズミを飼育して与えていたこともあるコアな方・・・
いつの日かは、私にも”ふんふん”と鼻歌を歌いながらウサギの頭をグラインドできる費が来るのだろうか・・・

猫ズは、今日もふがふが言いながら今日のウサギごはんもぺろりと平らげてくださいましたが、
今日の夜は悪夢にうなされそう。

にほんブログ村 猫ブログへランキング参加中!
人気ブログランキングへランキング参加中!
[PR]

by zukko-no-zu | 2009-02-06 17:20 | BARFダイエット
2009年 02月 04日

BARF

ズッコピーが来て依頼、本格的にBARF(生肉と骨の)ダイエットを始めました。
というのも、昨年19歳のターキッシュヴァンカップル、タッタとボンボが、2ヶ月の間に続けて虹の橋を渡り、
色々と思うところがあったからなのです・・・

タッタとボンボのことは別の機会に詳しく書くとして、この2匹にはペットフード(常に最高と思われるものを
食べさせてきました)以外に、人の生食用の生肉や魚を頻繁に食べさせていたのです。
2匹ともに19歳と言う年齢までたどり着けたのは、食も大きく関係しているのではないか
と思うふしがあり、まずは猫の栄養学の知識を得るため、十数冊の本を各国に注文して読み漁りました。
悲しいかな、イタリアではこのダイエットは殆ど知れていません。
アメリカの本にはヨーロッパはペットフードの先進国だなどと書かれているけれど、
それはドイツやイギリスを指しているような気がします。

まだまだ新しいダイエットなので賛否両論があり、ネットでも色々とディスカッションが行われていますが、
それも大いに利用して、メリットとリスクを天秤にかけた上で、私自身が納得できるBARFを
食べさせることに決定しました。

実際長年にわたってBARFを実行している人の中には、ほとんど信仰ではないかと思われるほど
コアな方もいて、鶏の頭とクビをそのまま(羽付き)ポンとサーブする写真なども拝見しましたが、
あんまり偏った考え方は危険だと思うので、何十種類ものメソッドの中から、
3-4個の(偶然どれも良く似た)レシピを利用することにしました。

幸い、家の子達は生肉への転換はまったく問題なく(ゴマチンは既に生肉に慣れてたし・・・)、
ズッコも初日は急いで食べすぎてすぐにゲロを吐いたけれど、その後は全て栄養となってます
(相変わらず西洋一の早食いですが・・・)。

BARFのベテランの方々のサイトを見ると、色々なお役たちグッズなども紹介されていて、
エキスパートが骨ごとグラインドできると推薦するTASINというミンチ機をアメリカに注文してしまいました~。
日本やアメリカみたいに、骨ごとミンチした生肉を宅配で届けてくれるなんていうサービスは、イタリアでは
夢にも出てこないので、自分でミンチするしかないのです。

これが到着するまでは、地鶏を丸ごと買って解体し、骨と肉を分けて肉付きの骨(首と背骨)は
金づちで細かく砕き、更にフードプロセッサーにかけるというスプラッターなことをしています。
はじめは気絶するかと思ったけど、今では肝臓も心臓もそのまま触れちゃいますよ。
喉もと過ぎれば・・・ですな。

でも実は小さな鶏(ウズラとか小さな雌鳥)がまだちょっと恐いんですけどね(へへ)。
なぜか大きいのは大丈夫・・・

グラインダーが到着したら、ウサギを丸ごとグラインドしたいけど、一部の人はウサギ肉は
寄生虫がいるので生で食べさせていけないというし、一部は生食のお勧めにウサギが入ってるし、
まだ答えが出てないんですよ。
どなたか、ご存知の方がいたら是非教えてほしいです。

約週1でまとめて作って冷凍しているのですが、今日は、手抜きでお粉をお肉に混ぜるだけで、
完全色が出来上がるFELINE FUTUREのINSTINCT TCを利用しました。

c0195250_321479.jpg


これって超便利。
家の子達は、大好きです。
しかも、FELINE FUTUREに注文すると、ドイツから送ってもらえるので
比較的早く着く上(送料もあんまり高くない)、通関とか税金とかがないのが良いです。

これは有機飼育の鶏の腿肉。
赤身の肉の方がタウリンが多く含まれているそうなので、腿肉は良く使います。
ゴマチンがダイエット中なので、脂肪の多い皮は取ってはさみなどで、骨から切り取ります。

c0195250_32596.jpg


このレシピは骨なしなので、肉だけ骨から切り取って使います。
本当はフードプロセッサーでガ~ッとやりたいのだけれど、私が最も共感できる
アメリカの獣医師の先生のサイトに、猫が噛むことが出来る大きさに切ると
デンタルケアになるので是非そうするようにとかかれていたので、
かなり面倒だけど今のところちゃんと実行してます。

c0195250_335633.jpg


お水375mlに粉を適量入れて混ぜると、卵が入っているので黄色い”これから玉子焼きします"状の
液体になります。

c0195250_344779.jpg


ここにミキサーにかけて製氷皿で凍らせておいた鶏のレバー100g投入(1かけ約25g)を加え
更に混ぜてから肉を混ぜます。

c0195250_353774.jpg


これでおしまい。
出来上がり。

c0195250_362332.jpg


すぐに使用する分以外は、150gずつガラスの冷凍できる容器に入れてフリーザーへ
(うちは1日3食でゴマが120g:ダイエット中、ズッコが260g:成長期、食べます)。

c0195250_37479.jpg


食べる12時間くらい前に冷蔵庫に移し(忘れた時はお湯につけて解答)、BARFの人が
良く使う”ねずみ程度の温度”(35度くらいだそう)または室温にしてからサーブします。

c0195250_3184174.jpg


c0195250_3193677.jpg


お皿に持っているときから、ゴマチンとズッコの間ではポールポジション争いがあって、
あっという間に食べてくれるので作り甲斐あります。
うれしいです。

c0195250_320295.jpg


c0195250_321586.jpg


追記:これはこのダイエットに欠かせないツール・・・

c0195250_3215066.jpg


はやくグラインダー届かないかな!

にほんブログ村 猫ブログへランキング参加中!
人気ブログランキングへランキング参加中!
[PR]

by zukko-no-zu | 2009-02-04 19:31 | BARFダイエット